青春バカサミットとは.png

『青春!バカサミット』(以下、青バカ)とは、「世の中にバカを増やす」をコンセプトに日本を代表する先進バカ(既存の固定観念に囚われることなく、ユニークな活動に取り組む突き抜けた人や企業)が一堂に会し、プレゼンや会議、質疑応答などを行い、ただただお金と時間を無駄に浪費するバカの祭典だ。初開催は2011年の4月、「春だから」という理由で秋葉原で開催されたが第5回を最後に突如終了。一部ファンの間で「伝説のイベント」として囁かれていた。2022年春、その「青バカ」が10年ぶりに復活を遂げるーーー。ちなみに、 JAPAN GREAT FOOL VACANFERENCEの "VACANFERENCE(ヴァカンファレンス)" は「VACANCE」と「CONFERENCE」を組み合わせた造語である。

バカは社会をゆるめる

現代社会はあまりにも窮屈だ。「こうあるべき」という常識に縛られ、不確実性が高まる未来に対して多くの人が「閉塞感」を感じている。また既存の規則・ルールに縛られて身動きができず新しい取り組みや面白い事にもチャレンジしにくい風潮がある。「人にどう見られるか」「人にどう思われるか」ばかりを気にして自分が本当にやりたいことを諦めてしまう人も少なくない。

そんな中でも既存のルールを軽視し、周りの目を気にすることなく自分の信じる道を進み、青春を謳歌している人々も存在する。そんな彼ら彼女らの考え方や価値観に触れることで何か気づきがある...かもしれない。

思考の枠を取っ払う

今の時代に一番必要とされているのは周りの空気を読まずに行動ができる人。そんな人たちが現代社会に漂う閉塞感を打開する。誰もが思いつかない趣味やビジネスに本気で取り組む先進バカたちの感覚に触れることで自分自身の思考の枠を取っ払ってしまおう。

バカが増えれば平和になる 

青バカは厳粛なセミナーとは違い、頭を空っぽにしてお祭りに参加するような軽い気持ちで楽しんでほしいイベント。成功者や有名インフルエンサーの貴重な話を聴いて学びを得るようなものではないので間違えないように。

世の中の多くの人とプラオリティがズレたバカな人たちの生き方を知ることで、自分もバカになり、今目の前のことを全力で楽しんでほしい。

バカが増えれば、世の中はもっと楽しく、もっと生きやすくなるはずだ。